命の母Aとルビーナ 口コミ比較

命の母A VS ルビーナ 成分編」では、両者の成分を比較しました。今回は、口コミやコストパフォーマンスを見てみたいと思います。

なお、口コミは楽天やAmazonのレビュー、ブログなどにアップされた記事等から、Rioが任意で集めてきたものです。

命の母Aの評判、口コミ

まずは命の母Aの口コミから

*予防として飲んでいる。更年期世代だが、更年期障害の症状は出ていない。
*飲みはじめて2週間で怒りっぽいのが少しおさまってきた。
*約半年飲んでいるが、なかなか効果が出ない。
*イライラやのぼせ・肩こりなどの症状が軽減した。
*ホットフラッシュと不眠から解放された。
*3ヶ月くらいで生理が大分順調になってきた。

全体的な印象として、ユーザーの1/3が「生理が順調になり、生理痛が軽くなった」。1/3が「頭痛やのぼせ、イライラなど更年期障害の症状らしきものが、少し軽減した」。残る1/3が「効いているかどうかわからない」という感じですね。この中には、価格が手頃なのでとりあえず続けてみるという意見もふくまれます。

鎮痛剤などと違って、穏やかに効かせていくタイプの薬としては、この結果は高評価といえるのではないでしょうか

とくに生理がらみの悩みがある場合は、一度試してみる価値はある、という気がします。

ルビーナの評判、口コミ

続いてルビーナの口コミです

*2瓶目を使うころから更年期特有のだるさが軽くなって来た。
*30代ですが、肩こりが軽減されました。
*のぼせで困っていたが、飲んでいると調子がいい。
*2週間ほどで、ほてりや動機がおさまり、確かな実感を感じられた。
*「命の母A」から「ルビーナ」に切り替えたら、のぼせがピタっと止まった。

全体としては、「まだ飲み始めたばかりなので分かりません」という方を除いて、2週間以上飲み続けている方達には、何らかの改善がみられているという印象がありました。

口コミで比較すると、「効果」という点では「命の母A」よりも「ルビーナ」の方が、やや得点が高い気がします。

特徴として「命の母A」では生理にまつわるトラブルが改善されたという意見が多く見られ、「ルビーナ」は、ホットフラッシュなどいわゆる「更年期障害」の代表的な症状が改善されたという意見が多く見られました。

命の母Aとルビーナ コスパ比較

もちろん効くことが第一ではありますが、風邪薬などと違って比較的長期に服用することになるこの手のお薬は、コストパフォーマンスも大事ですよね。

この記事をアップした時点での楽天最安値で、命の母Aとルビーナを比較してみると

命の母A252錠(21日分)→最安値税込1,295円(送料含まず)
ルビーナ180錠(20日分)→最安値税込2,210円(送料含まず)

コスパ的には命の母Aの圧勝ですな^^;

ルビーナは成分が生薬だけに、その分原価もかかるでしょうし、だからこそより効き目が高いという考え方もできるかもしれません。

命の母Aとルビーナ どちらを選ぶ?

成分、口コミ、コスパという点で比較した二つの薬。これは私の個人的な印象ということで、さらっと聞き流していただきたいのですが

そろそろ生理が不順になってきたな〜という更年期の初期段階で、不定愁訴の症状も比較的軽い方は、まず命の母Aから試してみてはいかがでしょう。

逆に、生理の間隔がかなり開くなど閉経が近い方、すでに閉経した方、ホットフラッシュやめまいなどの不定愁訴が重い方は、ルビーナでしっかり効かせるのがいいかもしれません。

どちらを選んだにしても、しばらく服用して改善が見られない場合には、そのままにせず、かならず更年期外来や婦人科を受診して医師に相談してくださいね。

以上、Rioの独断で命の母Aとルビーナを闘わせてしまいましたが^^;、薬選びを迷ってこの記事をご訪問くださった方の参考に、少しでもなれれば嬉しいです♪

♪今日もポチっとありがとう((=゜ω゜=)σブログランキング

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする